PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一緒におでかけ

6Pomeとの旅行はあたしにとって、年に数回の大イベントです。
この旅行を楽しみに、毎日お仕事を頑張れます。
日那のてんかん発作以来、新幹線に乗るのが怖くて行き先は6Pome号であたしが運転していけるところ限定になってしまったけれど。

先日『フレンチブルドッグ・ビスコの日記』を見て、やりきれない気持ちになってしまいました。
安心して預けたのに、空港で出てきたわが子はぐったりしてしまって・・・

どうして犬は貨物室で空を移動しなくてはならないのでしょうか。
ワンワン言うからですか?
それなら、客室と同じ空調のお部屋で移動させて欲しいです。
死んでしまうほど暑くなる場所で何時間も閉じ込めるなんて酷すぎる。
有名な競走馬は獣医さんやお世話をする人も一緒に乗り込むって何かで読んだ記憶があります。
ペットの犬だって、有名な競走馬だって同じ命じゃないですか?
家族を殺されて『ごめんなさい』で終わってしまうなんて・・・。
命は取り戻せないんです。

JALのHPにあるペットとお出かけサービスはキレイな写真でいろいろ書いてるけど結局は貨物扱いのペット輸送と同じ扱いなのですね?
『貨物と同じ扱いです。死んでしまっても責任は負いません。』

恐ろしいです。

| 旅行 | 03:49 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やこりんへ

そうなのよね。
命のある物を『貨物』として『運搬』するって言う考え方そのものがおかしい!
品物は破損しても取替えが出来るけど、命は戻ってこないのだから全く違うのに。
その事をどう解釈してるのかな。あたしの頭では理解不能だよ。
動物にも心があるのにね。
寂しい、悲しい、辛いって思いながら長時間堪えて頑張って・・・
考えただけで涙が出てくるよ・・・。

| ひろりん゜ | 2006/10/07 12:16 | URL |

貨物扱いの負担は時間もだけど、
例えば陸送の場合、ほとんどの運送会社のトラックの荷台には冷暖房なしですし、揺れも大きいと言うことなんでしょうね、きっと。
何にせよ、命のあるものを荷物と同じ扱いと言うことがたまらんと思わん?
飛行機にせよトラックにせよ、もしも自分がヒトリ淋しく荷物と一緒に入れられたら、きっと気が狂う~

| やこりん | 2006/10/07 01:35 | URL |

やこりんへ

ビスコ君は前日までとても元気だったらしいし、今回で7回目の搭乗だったらしいよね?
元気だったのにこうなってしまったのは、『耐えられないくらいの環境だったかどうか』を証明出来ないのは被害者側にとってすごく不利だと思う。
泣き寝入りするしかないなんてね・・・。

貨物扱いの場合のワンコの負担の度合いが
陸送>電車>飛行機
の根拠は何なのかな? 時間的な事?

ダックスちゃんの事、知ってる。
だから余計腹立たしい!

| ひろりん゜ | 2006/10/07 00:20 | URL |

今年の3月までは客室でOKだったのに@JAL・・・(-_-;)
知人が今回の事件でJALにメールを送ったら
自分もペットがいるので辛い話ですと言う担当者からのお返事。
でも結局は大企業の一人としてのお返事内容でした。
「7月~9月の高温多湿の時期の輸送は避けて欲しい」
「クレートに入れた状態での飛行機輸送に耐えられる体調かどうか」
全て説明の元、承諾を得ての輸送だったとのこと・・・
結局は飼い主とワンコが悪いと言っているような文章よね!

貨物扱いの場合における負担の順番は本来なら、
陸送>電車>飛行機がワンコには体の負担になるそうです。
なのにこれだもんね。
知ってた? ビスコ君の次の日にJAL輸送で亡くなったダックスちゃんがいること?
バカタレ以外の何者でもないよ@JAL

| やこりん | 2006/10/06 12:51 | URL |

あおいさんへ

ビスコ君は夏休みの帰省でこの事故にあったのですよね。
今年の夏はものすごく暑かった・・・。
くりんちゃんも搭乗経験があるのね。
何事も無く良かったね。ホントに。

| ひろりん゜ | 2006/10/06 03:18 | URL |

yamaさんへ

あたしもyamaさんと同じく、車で移動可能な距離にとどめておきます。
大企業に何とかして欲しいけれど、おっしゃる通り今はこの事実をたくさんの愛犬家の方たちに知ってもらって、事故を防いでもらう他無いのかもしれませんね・・・。

| ひろりん゜ | 2006/10/06 03:15 | URL |

KAKOさんへ

預けられる子はパパやママと離れて別の場所におかれるだけでも不安で精神的ストレスがいっぱいの状況なのに、環境までこんなじゃ元気な子だってどうにかなっちゃいますよね・・・。
どうにかして欲しいです。

北海道旅行、良いですね~。良い方法が見つかるとイイですね♪
あたしも6Pomeと一緒に行きたいです。
仔鈴のアレルギーの結果は連休明けくらいに届くと思いますが、かゆのが気になってペロペロ&カジカジしちゃうので両手とも包帯巻き巻きです。

| ひろりん゜ | 2006/10/06 03:12 | URL |

これでは…

ペット “と” (一緒という意味)じゃないし、どこが “サービス” なんぢゃ?
この話は数ヶ月前から大きく取り上げられていましたが、コワイですね。

7~8年前、ウチが飛行機を利用したのはJALではなかったのですが、
丁寧に搬送して下さって、当時は好感がもてましたけど…
今や気圧の変化に気をつけなければならなくなったので、あれが最初で
最後の飛行機旅行になってしまいました。

| あおい。 | 2006/10/06 02:33 | URL |

たまらない・・気持ちですね・・・

クルマでの移動だけにしときます ウチは・・・

企業という怪物の冷酷な一面が見えます
勤めている従業員一人ひとりは優しい人間なのでしょうが・・・
なぜか企業や組織全体となるとこういう事が起きる・・・

マスメディアに掲載され大きなダメージをその企業か業界が受けない限りこういう事は続くでしょう・・・

少しでも回りに知らせて防ぐしか今は手がないでしょう
寂しい限りですが・・・



| yama | 2006/10/05 22:11 | URL | ≫ EDIT

上辺だけの対応だから・・・

こんにちは。
雨ですね。涼しいけれど、ジトッとしています。

ビスコ君、お気の毒です。本当に悔やんでも悔やみきれないでしょう。
私のお友達のワンコも大阪から青森まで飛行機に乗っていった時、到着して出て来たら驚くような状態で、直ぐに病院へ走られたそうです。言われたのは、あと1時間遅かったら危なかったと言う事でした。この子もJALでした。
私は、貨物室は温度がかなり低いと聞いていたので、夏でも「いつも寒がりさんだから気をつけてあげてね」と言っていたのですが、ビスコ君のブログを拝見して驚きました。離陸前から暖房を入れていたなんて。少しでも気温が高い日なら耐えられませんよね。信じられない。
JALのペット倶楽部、出来た時はどんな物かと期待大で内容を確認しました。でも、ガッカリしただけ。「何のこっちゃない」って感じです。
外国便では足元に連れて入れることも可能な会社も在るのに、日本は本当に遅れていると言うか、優しくない。
搭乗室内環境がいくら整ってみても、離着陸時のあの大音響だけでも動物達は想像以上にストレスを感じているはず。人間だってストレスですもの。それなのに、頼りになる家族は傍に居ない。
二重三重にストレスがかかっているのですよね。
もう少し親身になって色々企画してくれると良いのだけど、本当に上辺だけだから・・・
ビスコ君のような犠牲をもう二度と出さないようにJAL側も改善すべき所をよく考えて欲しいです。

念願の北海道旅行、密かに計画中だけど、列車での旅は、レイアのトイレ休憩タイムの確保が大変そうで・・・

仔鈴君のアレルギーは如何ですか?私も今また酷くなってます。
早く良くなってね。

| KAKO | 2006/10/05 15:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://6pome.blog15.fc2.com/tb.php/221-f85a34ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。